鎌倉市の老人クラブの現状(みらいふる鎌倉)


鎌倉市では、


岡本高砂会が第1号の老人クラブとして、昭和38年8月20日に結成されました。
鎌倉市老人クラブ連合会(みらいふる鎌倉)では、各クラブの横の連携を強めるために、昭和39年9月に発足し、地域に対し働きをかけています。
鎌倉市老人クラブ連合会(みらいふる鎌倉)では、各部会ごとに年間行事を企画・運営し、自主運営をしています。


総人口 176,466人
65歳以上 53,867人
高齢化率 30.53%
介護認定者 10,083人
一人暮らし登録  
    高齢者数 2,674名
加入率 5.6%
 

(平成29年4月現在)

 

 

地域構成(3,532人)
鎌倉地区 腰越地区 深沢地区 大船地区 玉縄地区
1,106人 532人 714人 548人 632人

   

地区クラブ数(70クラブ)
鎌倉地区 腰越地区 深沢地区 大船地区 玉縄地区
28クラブ 7クラブ 12クラブ 12クラブ 11クラブ

(平成29年4月現在)

 

部会編成

部会

 
総務部・・・・・・・・・・ クラブ運営の企画及び予算に関すること
社会奉仕活動に関すること
渉外に関すること
その他部門に属さないこと
(功労者のつどい、新年賀詞交歓会)
クラブの収支予算の執行に関すること
クラブの決算書の作成に関すること
クラブの財産の運営・管理に関すること
各部、各地区に対する予算の配賦に関すること

厚生部・・・・・・・・・・ 親睦及び研修旅行に関すること
社会奉仕活動に関すること
趣味娯楽に関すること(レクリエーション)

教養部・・・・・・・・・・ 高齢者運動の推進及び健康増進に関すること

女性部・・・・・・・ 女性会員の向上のため、研修会開催に関すること
友愛活動に関すること
福祉活動に関すること

勢年部・・・・・・・ 各種記念事業等の取り組み
会員増強(加入促進運動)
組織拡大強化に関すること

[ トップページ]